ベストケンコーをご存知ですか?

個人輸入代行業者は、医師の処方箋を必要とする医薬品や、日本国内では取り扱われていない医薬品を簡単に入手できるサービスです。
このサービスを提供している業者は数多く存在していますが、本当に信頼して利用できる業者の数は限られています。
その限られた業者の一つに、ベストケンコーという業者があります。
この個人輸入代行業者は、すでに17年以上経営を続けており、固定ファンがいるほどに人気のある業者です。
価格面や信頼性、充実したサービスなど、この業者が人気を博している理由は多数ありますが、コンテンツや企画の充実も、その一つに数えることができます。

たとえば、ベストケンコーはみんなの発毛コンテストという複数の個人輸入代行業者の合同企画に参加しています。
このコンテストは、発毛に関する商品を使用した経緯を写真に収め、月に一度特設サイトに投稿するという企画です。
一ヶ月に二回のペースで頭部の写真を送るだけで買い物に使えるポイントがもらえたり、グランプリに選ばれることで2年分の商品をもらうことができたりと、特典が多いのがこの企画の特徴です。

コンテストに参加するには対象商品を購入する必要がありますが、目標を持つことでより発毛に励むことができますし、写真を送るごとにポイントをもらえるので、結果的に安く商品を購入することができます。
さて、こうした特別企画以外にも、ベストケンコーには魅力的な独自のコンテンツがたくさんあります。
この業者独自のコンテンツの一つであるスタッフブログは、お買い物に役立つ情報や新しい商品の説明などが紹介されており、自分が欲しい商品を詳しく知ったり、健康に役立つ知識を得ることができるのが魅力です。
また、この個人輸入代行業者はアフェリエイトサービスを提供しています。
アフェリエイトサービスは、簡単にお小遣い稼ぎができる便利なサービスです。

アフェリエイトサービスに参加するのに、高度なブログの知識は必要ありません。
ただ、自分のブログにこの個人輸入代行業者のバナーを貼付けておくだけで、お小遣い稼ぎができてしまうのです。
バナーを踏んだ後のcookieは1年間有効になるため、ブログからベストケンコーを訪れた人がすぐに商品を購入しなかったとしても、一年以内に商品を購入すれば成功報酬がもらえます。
詳しくはこちら・・・節約のためにベストケンコーを利用

このシステムにより、自動的に高い報酬を得られる可能性があるのが、この個人輸入代行業者のアフェリエイトサービスの最大の特徴です。
ここまで見たことでわかる通り、この個人輸入代行業者は医薬品の個人輸入手続きを代行する業者というだけに留まらず、より積極的に品質の良い医薬品を広く利用してもらうためのコンテンツを充実させています。

もちろん、肝心の取扱商品の品質は高いですし、複数の支払方法を備えていたりと、個人輸入代行業者としての基本的なサービスも業界随一のものとなっています。
これらの要素が合わさって、ベストケンコーは業界ナンバーワンの人気を博しているのです。

カードローン

専業主婦の方は家庭を切り盛りしないといけないので、時と場合によっては生活費が足りなくなってしまうことはありませんか?例えばお子様が塾やお稽古ごとをはじめてその月は出費が増えたとか、突然親類などの冠婚葬祭などによって出費がかさんだとか、予期せぬ出費に悩まされることもあるでしょう。
こういった出費は何百万円、何千万円といった高額ではないでしょうが、それでもある程度まとまった出費が必要になることはあるでしょう。
こうしたときにかつてはカードローンを気軽に利用して、その場を凌いでいた方もいると思いますが、最近は収入のない専業主婦の方が利用する事がとても厳しくなっています。
たしかに以前主婦の方が多額の債務返済に困窮したり、自己破産するような自体がかなり多く生じていたので、法規制が厳しくなって現在はなかなか利用する事が出来ないのが現状です。
これは総量規制とも呼ばれているもので、年収の1/3までのローンしか組むことが出来ないようになっているので、収入のない主婦の方はローンを組むことが出来ないようになっているのです。
この法規制によって自己破産するような主婦や、金融業者との間でトラブルを起こすような事故も減少しています。
しかしながらローンを組めないことは大変不便ですので、きっと多くの主婦の方は不便な思いをされていることでしょう。

cardloan
(参考画像:今は一昔前と違い、カードローンの返済を簡単にしてくれるアプリなどもあります。ぜひ活用してください。)

ちなみにパートやアルバイトをしている主婦の方であれば、所得を証明できる書類を提出すれば、収入の1/3までのローンを組むことが可能です。
ですので高額ではありませんが以前同様にローンを組めるので良いですよね。
しかしながら専業主婦の方は収入がゼロですので、とても厳しい状況となっているのが現状なのです。
専業主婦と言っても旦那さんがお勤めをしているので、世帯全体の収入はしっかりとあることでしょう。
しかしながらカードローンは個人に対して融資するので、配偶者の方に多額の収入があっても無収入者と見なされてしまうのです。
ですので事実上専業主婦の方はローンを組むことが出来ませんので、生活の中で自由にお金を工面することが出来なくなっております。
もしも収入のない主婦にお金を融資してしまうと、その金融業者自体が法律違反となるので厳しいのです。
しかしながらこの総量規制というのは、消費者金融系や信販会社系のローンに限定されて適応されていて、最近どんどん事業に進出している銀行系のローンには適応されていないので、専業主婦の方は銀行系のローンを利用する事によって、お金の融資を受けることが出来るのです。
もちろん融資金額はサラリーマンなど収入のある方に比べて少額ですが、それでも30万円あるいは50万円程度までなら融資してもらえるので、十分活用することが出来るのではないでしょうか! 契約を結ぶ際にはもちろん担保の提出や保証人を立てる必要もありません。
あくまでも配偶者などの所得証明などが保証となっているので、気軽に利用する事が出来るので是非日々の暮らしの中で活用して下さい!

カードローンを使ってお金を増やす

金融とはお金の融通のことです。
お金は貯めるもの、やむを得ない時だけに使うものとしか思っていない人はお金の面白さの半分も理解していないと思います。
欧米では小さいころからお金の機能について教育をしています。
日本人はそういう教育を受けていないので、使わずに貯めこんでおいてしまうか、自分が返済できないほどの借金を負うか両極端に別れてしまいます。
貯金に貯金を重ね臨終の間際に1億、2億貯めたところで、いったい何になるのでしょうか、子孫にも渡すにも相続税がかかります。
若くて元気なうちに使っておけば人生をもっと楽しめたことでしょう。
このようなことを頭に入れると、お金という物は機動的に使うべきという結論に達します。
お金と言う物は「貯める」だけでなく、「お金を稼ぐ」「お金を使う」「お金を増やす」「お金を減らす」「お金を借りる」「お金を返す」など様々な局面で出て来るものだとわかります。
カードローンを使えば働いて稼ぐ予定のお金を前借りすることができます。
今回はそのお金を使ってお金を増やす方法について解説します。
例えば銀行系のカードローンを使うと手元に200万円~400万円くらいのお金を用意することができます。
利子は年利8~10%くらいかかります。
目いっぱい借りると毎日利子がついて行きますので増やすにはスピードが大切になります。
借りたお金を投機に使うのは厳禁ですが、比較的安全で元金をあまり減らすことのない投資に使い目的を達成したらすぐに返済するというのは賢い手法と思います。
具体的な方法としては株主優待取りがあります。
株主優待とは企業が株主に対し還元するサービスで、自社の商品のみならず、金券やお米券などを送ってくれる場合もあり、なかなかおいしいのです。
優待をとるのは権利付最終日というわずか一日だけその企業の現物株を持っていたらいいのです。
カードローンを使って手元に用意した200~400万円の現金は、権利付最終日の一日に限り、現物株を買う資金にします。
翌日の権利落ち日には株を精算して、現金に戻してしまいます。
戻ってきた現金はローン会社に返済しておきます。
数か月後には株主優待の品が送られてくるので、金券屋に売ってしまって現金に換えます。
こうしてみた場合、コストはローンを借りたときに生じる金利、証券会社に払う手数料、権利付最終日の株の購入値段と翌日の権利落ち日に株を売却したときの差額です。
リターンは金券屋に株主優待品を売却して得た現金になります。
ちなみに株の売買のキャピタルロスはクロス取引という手法を使えば発生しませんが、新たに逆日歩というコストがかかります。
この手法ではローンを使って用意した大金でお金を増やすことが可能なのです。
これは博打的な投機と違って、損失と利益が限定されており、収益を上げることができるお金の使い方です。
ローンでお金を借りてでも大金を動かせばお金を増やすことができる、そういうことを学ぶだけでもただ貯めるだけより賢くお金を活用していると思います。

融資のハードルを低くしたカードローン

カードローンが融資のハードルを低くしたと言っていいでしょう。
これほど審査に通りやすいローンはほかにはなく、年収で200万円もあれば借り入れ可能です。
年収100万円くらいでも融資してくれる業者はありますので、ぜひ問い合わせてみましょう。
カードローン選びでは金利が低いことはもちろん、使い勝手がよい商品を選ぶ必要があります。
使いにくいと、いざというときに困るからです。
例えば、土日に融資を受けたいのに、金融機関が閉店しているので借りられないという業者もあるのです。
お金は予測できないタイミングで必要になりますから、土日はもちろん祝祭日も借りられるのが理想でしょう。
ゴールデンウイーク、お盆シーズン、年末年始などは特にお金が必要になりますから、借りられることを確認しておきましょう。
女性の方でしたら、女性専用ローンを利用するという手もあるでしょう。
対応してくれるオペレーションはすべて女性なので安心できると評判です。
借りられるのは女性だけですので、店舗や自動契約器も女性以外は来店しませんので、配偶者と顔を合わせてしまう心配はいりません。
融資のハードルを下げたカードローンですが、使いやすいゆえのリスクもあります。
ついついたくさん借りてしまい、返済能力を超えてしまうことです。
収支のバランスが赤字になるほど借りてしまえば、返済するために別の収入を確保しなければなりません。
節約でカバーできる程度ならいいのですが、節約しても家計が赤字になるようであれば、返済するための収入が必須となります。
こうした事情から、カードローンの宣伝では「ご利用は計画的に」とアピールしているのです。
こうしたアピールは自動車ローンや住宅ローンではあまり見られません。
1万円単位で借り入れできるので、1万円ずつ出金しているうちに、気づいたら30万円も借りていた、なんて状況に陥るわけです。
追加融資を受けるたびに、再度シミュレーションをして返済していけるかどうか確認する必要があるでしょう。
今はホームページでカンタンなシミュレーションが行えますから、ここで借入状況をチェックしてみるのもいいでしょう。
ローンは毎月返済していれば、確実に元金が減っていくように錯覚しますが、利息だけ払って元金はそのままといった状況も多々あります。
しっかりと元金を減らすためには、なるべく多めに返済していく必要があるので、追加融資を受けるときは、借入後にどの程度の期間で完済できるのか確認する必要があるでしょう。
あまり長く借りていると利息が大きくなりますので、1年以内にすべて返済できる範囲で借りるのが賢い使い方だといえます。
女性の場合はお金の管理を得意としているので、返済期間も短くなる傾向があるようです。
1年以内に完済する方が多いため、利息を最小限に留めておくことが可能なのです。
利息はレンタル料のようなものですので、なるべく少なくしたほうがいいのは間違いありません。

週2勤務のアルバイトの方でも借りられる?

カードローンは週2勤務のアルバイトの方でも借りることが可能です。
審査では「安定収入」が必須と言われていますが、これは仕事を持っている状態とも言い換えることができます。
収入は少なくとも、毎月一定の収入があれば借り入れできるのです。
一部のVIPローンを除いて、「年収○○○万円以上」といった表記はされません。
そもそも総量規制は年収の3分の1まで借入額を制限する法律ですが、この法律に基づいて算出すれば、年収90万円ならば30万円まで借りられることになります。
貸金業者側は、「返済していけるか?」を第一に考慮しています。
返済できない人に融資しても回収できずに赤字になってしまうでしょう。
返済できない可能性が高い人よりも、確実に返済できそうな人に貸したいのは当然のことです。
そのため、収入の金額だけでなく、職業というものが重視されるのです。
公務員と会社員では公務員が有利、会社員とアルバイト・パートならば会社員のほうが有利なわけです。
ただ、融資率はどの程度の金額を希望するかによっても大きく変わりますから、年収が少ないという理由で審査を諦める必要はありません。
確かに公務員や会社員の方と比べると高額な借り入れは厳しいですが、少額にしておけば意外と借りられるものです。
年収100万円の方であれば、10万円~30万円くらいを希望しておきましょう。
カードローンを利用するのが初めてであれば、10万円に抑えておくと借りやすいです。
希望額を少なくするほど審査に通りやすいのはカードローンに限らず、すべてのローンに共通することなのです。
総量規制では年収の3分の1まで借り入れ可能ですが、いきなり3分の1で申し込むのは避けたほうがいいかもしれません。
最初は少ない金額にしておいて、1年間くらい遅れずにしっかりと返済するのです。
そうすることで信用が確立されますから、そのタイミングで借入額の増額を業者に求めてみるのもいいでしょう。
初回融資の時点ですと、当たり前のことながら信用は確立されていませんから、ここで高額融資を求めるのは避けたほうがいいわけです。
これに関しては、公務員や会社員の方にも言えることです。
安定した職についていて、収入もそれなりにあれば、融資する側としては安心できますが、その方の性格や人間性までは分かりません。
どんなに年収が多くても、お金にだらしない人はいるでしょう。
公務員でもカードローンから借りすぎてしまい、債務整理をする羽目になる方もいるのです。
やはり信用を確立する一番の要素は、毎月しっかりと返済していくことなのです。
信用を確立すれば、その信用はずっと継続します。
個人情報機関ではホワイトリストとして扱われますから、他社で借りるときもスムーズになるのです。
逆にブラックリストに登録された場合、別の金融機関に乗り換えようとしても融資してくれません。
返済日に遅延することが一番信用を落とす要素になりますから、余裕を持って返済していくことが大切です。

カードローンを利用する利点・利用できる業者数は?

まず、利点から書き記して行きましょう。
一番大きな利点となるのは、いつでも融資が受けられることです。
利用申請してカードが送られて来れば、契約した時に金融業者が設定する融資限度額内なら、その後は面倒な手続きを一切しなくても、借り入れ・返済が自由にできる点でしょう。
これまではローン契約をする場合、わざわざ金融機関などの窓口へ行き、面倒で雑多な手続きをしなければならないのが、一般的となってました。
そのため、融資を受ける度に担当者などへの応対・態度への注意などと、気苦労することが多かったのです。
その点、カードローンならば利用申請した時には審査があるのですが、担当者と顔を合わせることなくインターネットで完了してしまいます。
審査が順調に行くと、即日でも融資を受けられる場合もあるのです。
その後は、冒頭でも述べたように融資限度額を超えなければ、カードを使ってATMから自由に借り入れ・返済ができます。
これは、非常に安心感があるでしょう。
いつでも融資が受けられるゆとりは、他には例えようのないものです。
借り入れをするしない如何によらず、安心感も手に入れられます。
勿論、融資を受けた場合は、返済しなければなりません。
現在は、利息がつかないようなお金の借り方もあるので、賢く利用すれば他にはない便利なシステムなのです。
さて、そんな便利な金融商品ですが、必要な金額が揃えられなければ役に立たない場合もあるでしょう。
そういうケースでは、幾つもの会社から融資を受ける手も使えます。
しかし、多重債務となるのは避けなければなりません。
幾つもの金融業者を利用した場合、返済に苦しまなければならなくなるケースもあります。
前述のように、その時必要な資金確保のために数社のカードローンを利用する場合ですが、現在では3社以上の利用ができなくなってるのです。
これは、法規制・金融業者間で利用基準を設定してるものではないのですが、消費者金融業者ならびに各金融業者が規制してる模様となってます。
だから、どうしても大金を手に入れなければならない場合であっても、同時借り入れは3社までなのです。
そして、それは法規制対象の、総量規制からもいえることとなります。
金融業者でもキチンとチェックしますが、どの業者から幾ら融資して貰うか・融資限度額は幾らであったかなど、しっかりと検討してから借り入れなければならないのです。
それに、3社から借り入れても資金が揃わない場合でも、融資をしてくれる金融業者があります。
ところが、そういう金融業者というのは、闇金融である場合もあるのです。
甘言へ惑わされることのないように、注意しなければなりません。
それから、数社から借りて大金を都合する場合、借り入れの時期が重要となります。
時間をおかずに次々と融資を受けたりすると、信頼性を失ったりすることもあるのです。
方々で融資を断られてるのではないか? こういった誤解を受ける可能性があるので、充分注意して借り入れを行いましょうね。