週2勤務のアルバイトの方でも借りられる?

カードローンは週2勤務のアルバイトの方でも借りることが可能です。
審査では「安定収入」が必須と言われていますが、これは仕事を持っている状態とも言い換えることができます。
収入は少なくとも、毎月一定の収入があれば借り入れできるのです。
一部のVIPローンを除いて、「年収○○○万円以上」といった表記はされません。
そもそも総量規制は年収の3分の1まで借入額を制限する法律ですが、この法律に基づいて算出すれば、年収90万円ならば30万円まで借りられることになります。
貸金業者側は、「返済していけるか?」を第一に考慮しています。
返済できない人に融資しても回収できずに赤字になってしまうでしょう。
返済できない可能性が高い人よりも、確実に返済できそうな人に貸したいのは当然のことです。
そのため、収入の金額だけでなく、職業というものが重視されるのです。
公務員と会社員では公務員が有利、会社員とアルバイト・パートならば会社員のほうが有利なわけです。
ただ、融資率はどの程度の金額を希望するかによっても大きく変わりますから、年収が少ないという理由で審査を諦める必要はありません。
確かに公務員や会社員の方と比べると高額な借り入れは厳しいですが、少額にしておけば意外と借りられるものです。
年収100万円の方であれば、10万円~30万円くらいを希望しておきましょう。
カードローンを利用するのが初めてであれば、10万円に抑えておくと借りやすいです。
希望額を少なくするほど審査に通りやすいのはカードローンに限らず、すべてのローンに共通することなのです。
総量規制では年収の3分の1まで借り入れ可能ですが、いきなり3分の1で申し込むのは避けたほうがいいかもしれません。
最初は少ない金額にしておいて、1年間くらい遅れずにしっかりと返済するのです。
そうすることで信用が確立されますから、そのタイミングで借入額の増額を業者に求めてみるのもいいでしょう。
初回融資の時点ですと、当たり前のことながら信用は確立されていませんから、ここで高額融資を求めるのは避けたほうがいいわけです。
これに関しては、公務員や会社員の方にも言えることです。
安定した職についていて、収入もそれなりにあれば、融資する側としては安心できますが、その方の性格や人間性までは分かりません。
どんなに年収が多くても、お金にだらしない人はいるでしょう。
公務員でもカードローンから借りすぎてしまい、債務整理をする羽目になる方もいるのです。
やはり信用を確立する一番の要素は、毎月しっかりと返済していくことなのです。
信用を確立すれば、その信用はずっと継続します。
個人情報機関ではホワイトリストとして扱われますから、他社で借りるときもスムーズになるのです。
逆にブラックリストに登録された場合、別の金融機関に乗り換えようとしても融資してくれません。
返済日に遅延することが一番信用を落とす要素になりますから、余裕を持って返済していくことが大切です。

Comments are closed.